/

この記事は会員限定です

全トヨタ労連、統一ベア要求額掲げず 春季交渉で

[有料会員限定]

トヨタ自動車グループの労働組合でつくる全トヨタ労働組合連合会は14日、浜松市で中央委員会を開き、2022年春季労使交渉の要求方針を正式決定した。基本給を引き上げるベースアップ(ベア)に相当する「賃金改善分」について、21年に引き続き統一の要求額を掲げなかった。9年連続でベア自体は要求するとした。

全トヨタ労連はトヨタ系の部品会社や販売会社など310組合、35万8千人が加盟している。年明け以降の新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン