/

この記事は会員限定です

コメダHD、21年2月期純利益33%減 コロナ影響も郊外堅調

[有料会員限定]

コメダホールディングスが14日発表した2021年2月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前の期比33%減の35億円だった。「コメダ珈琲店」はフランチャイズチェーン(FC)店が中心。新型コロナウイルスが流行してFCの客足が落ち、既存店向け食材卸売上高が12%減った。ただ喫茶店チェーンでは「ドトール」に比べ落ち込みは小さい。コメダは郊外店が多く期間限定メニューも業績を支えた。

コメダHDの前期の連結売上高にあたる売上収益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り902文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン