/

この記事は会員限定です

繊維の街の知恵袋 岐阜大の素材開発「工場」始動

[有料会員限定]

長年、繊維の街の知恵袋だった岐阜大学が、最新の素材開発に改めて力を入れている。2022年1月に新組織「フューチャー・ファイバー・ファクトリー(FFF)」が立ち上がり、8人の研究者が集まった。炭素繊維の生産コストを抑えようと挑む准教授を筆頭に、虫を防ぐ繊維や、ボールをコントロールしやすいテニス用ガットを目指すスタートアップも集う。

「大学にある技術の種と、繊維産業が盛んな地の利を生かして、繊維の材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン