/

この記事は会員限定です

トヨタ、在庫1年で1兆円増 供給網乱れ部品確保を優先

深掘りトヨタ決算②棚卸し資産の増加

[有料会員限定]

トヨタ自動車は2023年3月期の世界生産台数(トヨタ・レクサスブランド)が970万台になる見通しを示した。前期より13%増えるが、22年初めに示した1100万台の旗は下ろす。トヨタ経理本部の山本正裕本部長は11日の決算記者会見で「これを基準に1年間進めるが、先々はどうなるか分からない」とし「970万台」にも不透明感をにじませた。

山本氏がこう話すのは、サプライチェーン(供給網)の混乱が自動車の生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン