/

この記事は会員限定です

安藤隆司名鉄社長「名駅再開発、24年度メドに方向性」

2021年 コロナ下の舵取り 中部企業トップに聞く⑥交通・輸送

[有料会員限定]

「新型コロナウイルスの感染状況と当社の売り上げは逆相関している。鉄道、バス、タクシーの乗客が減り、運営するホテルやレジャー施設の利用も鈍るからだ。観光需要喚起策『Go To トラベル』が本格的に始まった2020年10~11月は回復傾向に転じた一方、足元の感染拡大で再び利用は落ち込んできた」

「感染収束は私たちの期待よりも時間がかかっている。春先にワクチンの供給が始まっても人の流れは急増せず、21年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン