/

この記事は会員限定です

不良ミシンを自動で選別 ブラザー、目視検査のムラ排除

[有料会員限定]

ブラザー工業は海外工場で生産するミシンの出荷前検査の自動化を進めている。2020年から工業用ミシンで実際にボタンを縫い付ける検査を中心に、人手に頼っていた作業を順次切り替えている。これまで目視に頼る検査では品質基準にムラがあり、必要以上に手間をかけていたという。新型コロナウイルス禍で販売が落ち込むなか、中長期の収益力改善や高い品質の維持に向け、今後も他の部分野で活用を探る。

工業用ミシンは衣料品のボタン穴を作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1011文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン