/

この記事は会員限定です

「コメダ」「ココイチ」23年2月期コロナ禍前利益を視野

[有料会員限定]

中部地方の外食大手で「コメダ珈琲店」を展開するコメダホールディングス(HD)とカレー店チェーン「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋の2023年2月期予想が13日出そろった。いずれも新型コロナウイルスが流行する前の利益水準への回復を目指している。好調な集客を支えに値上げにも動いており、材料高の転嫁の成否が焦点となる。

コメダHDは13日、23年2月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比10%増の8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン