/

三重県、大規模施設でのワクチン接種を検討

鈴木知事は県による大規模施設でのワクチン接種を検討中だ(12日、三重県庁)

三重県の鈴木英敬知事は12日の定例記者会見で、県内の市町が進めている新型コロナウイルスのワクチン接種について、県としても大規模施設で実施を検討していることを明らかにした。米モデルナ製を使う想定で厚生労働省が都道県による大規模接種会場の設置を支援することに対応する。

鈴木知事は「自治体からの要請もあり、県がワクチン接種にどのように関与するか最終調整中だ」とした。これと並行して、市町を妨げないように国立病院機構や企業から独自に医師を確保して、接種が遅れている地域に派遣することも検討中だと指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン