/

この記事は会員限定です

トヨタ系中小4社、全社の最終損益が改善 22年3月期

[有料会員限定]

中部に本社を置くトヨタ自動車系の上場中小サプライヤー4社の2022年3月期決算が12日に出そろい、最終損益は共和レザーをはじめ全社で前の期比で増益か黒字転換となった。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ車の生産回復が追い風となった。

共和レザーはシートの表皮といった主力の車向けの内装材が好調だった。金属粉を固める粉末冶金に強いファインシンターはハイブリッド車向けのインバーター部品や、医療向けの油圧機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン