/

この記事は会員限定です

狩猟で命の大切さ伝える がんサバイバー、清水潤子さん

中部ひと

[有料会員限定]

愛知県豊田市の山中にたたずむ「山里カフェMui」は、様々な野生鳥獣の食肉「ジビエ」を使った料理で人気を集める。狩猟から料理まで一手に手掛けるオーナーの清水潤子さん(49)は、治療後に社会復帰した「がんサバイバー」だ。自身の命と向き合った経験から猟師に転じ、獣の命を無駄にしない新たな「共存」の形を目指す。

「ドン、ドン」。ある秋の日、ひんやりとした山中に銃声が響く。きょうの獲物は鹿1頭だ。手早く血抜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン