/

この記事は会員限定です

三重県の一見新知事「海にデータセンター誘致も」

[有料会員限定]

9月12日の知事選で初当選した三重県の一見勝之知事が日本経済新聞社の取材に応じ、県内の海に大規模データセンターの誘致を検討する考えを示した。海水を冷却に使いエネルギー使用量が陸上型より少なくなるとされる。1088キロメートルに及ぶ海岸線を生かして、情報分野が未来の三重県の基幹産業になる可能性を探る。

――9月14日に就任してから、一番の課題を何とみていますか。

「まず新型コロナウイルスの感染を抑え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン