/

この記事は会員限定です

料理店愛用 愛知のモミジ、家庭の食卓へ 小売りに販路

食・農どまんなか つまもの王国の挑戦㊥

[有料会員限定]

愛知県南部の蒲郡駅から車で10分。海と山に囲まれた傾斜地で、ビニールハウスが迷路のように続く。和食の四季を演出するモミジや南天の一大産地だ。

飾り用の葉を育てる三河温室園芸組合(同県蒲郡市)の花木部に所属する農家は8人。飲食店向けにモミジや南天など年90万パックを出荷し、約30の卸売市場と取引してきた。日本料理店で刺し身や焼き魚の脇に並ぶと料理の格式がぐっと高まる。街路樹とは異なり、例えばイチョ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン