/

この記事は会員限定です

愛知の飲食店認証、6割2.5万店に 申請急増で審査後回し

[有料会員限定]

愛知県が飲食店の感染対策を評価する第三者認証制度の認定件数が急増している。8日時点で県内飲食店の6割にあたる2万4915店を認証した。2週間弱で2.3倍に増えた。認証の有無により認められる営業時間が変わるようになり申請も急増。県は約1カ月かかっていた審査を事後審査に切り替え、申請を受ければすぐに認証する対応を取っている。

愛知県は6月に第三者認証制度「ニューあいちスタンダード」(あいスタ)を創設し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン