/

ピーチ、旅先を選べない「旅くじ」 名古屋パルコで販売

行き先は買った後のお楽しみ――。ANAグループの格安航空会社、ピーチ・アビエーションは11日、カプセル玩具機風の航空券販売機「旅くじ」を名古屋パルコ(名古屋市)に設置した。1回5千円で、カプセルの中の紙に、行き先と6千円、1万円、3万円分いずれかの決済コードが書かれている。

行き先は中部国際空港から運航している新千歳、仙台、那覇、石垣の4カ所のいずれか。運賃は時期やダイヤに応じて変わる。例えば運賃が1万円で、6000円分の決済コードが出てくれば残り4000円を予約サイトなどで支払う。販売機の5000円とあわせると1000円得になる仕組み。カプセル販売機はスマートフォン決済「PayPay」で支払い、ボタンを押すとカプセルが出てくる仕組み。

10月に設置した東京都内の渋谷パルコでは、4日間で1800個を完売した。名古屋では名古屋城の金のしゃちほこにちなみ、3万円分のポイントが入った「金の旅くじ」を4つ用意した。

11日、先頭に並んでいた20代の会社員は石垣行きのカプセルを引き当てた。「これまで新型コロナウイルスの影響で旅行に行けなかった。エンターテインメントの要素を楽しみながら旅行に行けるのはうれしい」と話した。

会場を訪れた森健明最高経営責任者(CEO)は「どこに行くのだろうというドキドキ感を味わってもらいたい」と説明。中部空港から国際線の就航を検討していると、明らかにしたうえで「ソウルや台湾、香港などにできるだけ早くチャレンジしたい」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン