/

この記事は会員限定です

アールプランナーの梢社長「2年後めど 東京隣県進出も」

[有料会員限定]

愛知県が拠点の住宅会社アールプランナーは10日、東証マザーズに上場した。上場初日は公開価格の2.3倍となる5000円の初値をつけ、終値はこれに比べ9%安の4535円だった。梢政樹社長はオンライン会見で「今後2年ほどは東京都内で販売網を広げ、その後は近隣の県にも進出したい」と語った。主なやり取りは以下の通り。

――上場初日は公開価格を上回る初値がつきました。どのように受け止めていますか。

「投資家の皆様に高く評価し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り402文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン