/

この記事は会員限定です

東海の自治体、BCP策定率99% 常滑市は庁舎を高台に

データで読む地域再生 東海

[有料会員限定]

各地の自治体で災害時の対応を前もって示す業務継続計画(BCP)の策定が進んでいる。名古屋市は避難所の設営や住民の受け入れを重視し、2019年のBCP改定の際には本庁から各区に派遣する人員を8割増やした。南海トラフ巨大地震の発生が懸念される中、規模の小さい自治体では策定の余裕がなく中身が不十分な計画もある。

東海4県のBCP策定率は高水準だ。市町村でBCPを策定する自治体の割合は2020年6月時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン