/

この記事は会員限定です

愛知の加山興業、新型炉で産廃焼却能力を6倍強に 

[有料会員限定]

産業廃棄物処理の加山興業(愛知県豊川市)は2月、新型の焼却炉を稼働することで焼却能力をこれまでの6倍強に高めた。燃料を灯油から都市ガスに切り替えて二酸化炭素(CO2)排出量を抑え、環境への負荷が少ない点を顧客にアピールする。投資額は45億円。4つの信用金庫による協調融資で資金を調達した。

1日あたりの最大焼却能力は16トンから103トンになった。外部の業者に産業廃棄物の焼却を委託する外注を抑える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン