/

この記事は会員限定です

採用難の中小企業に新たな「仲間」 協働ロボに活路

中部エコノ新景

[有料会員限定]

モザイク模様の柄のアームに目玉の飾りがつけられた協働ロボットが動く。パーツをつかみ、周囲に並べられた検査機や洗浄機への出し入れを繰り返す。自動車部品製造の愛同工業(愛知県大府市)は、デンマークのメーカーのユニバーサルロボットが開発した協働ロボットを愛知県内の4工場に計51台導入した。背景にあるのは人材不足だ。

協働ロボットは安全柵が不要で、人と近い距離で作業できるのが特徴だ。社員約450人の愛同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン