/

この記事は会員限定です

名古屋・栄に「コンラッド」 街の消費単価引き上げ役に

[有料会員限定]

名古屋の繁華街・栄で再開発プロジェクトが本格的に動き始めた。音楽ライブ会場などとして利用されていた「栄広場」の跡地に高さ211メートルと、栄周辺では最も高い複合ビルが2026年に建つ。米ヒルトンの高級ホテルブランド「コンラッド」が入居予定で、海外の富裕層などを呼び込むことで消費単価上昇への期待が膨らむ。

複合ビルは三菱地所を代表とするグループが26年3月の完成を目指して進める再開発「錦三丁目25...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン