/

この記事は会員限定です

飛騨の地域振興に産学官で知恵 研究員、田代達生さん

中部ひと

[有料会員限定]

「地域の悩みを『見える化』し、みんなで課題に向き合いたい」。岐阜県の飛騨地方と岐阜市を往復しながら自治体や学校、企業を結んで地域振興に知恵を貸す。十六総合研究所(同市)の主任研究員、田代達生さん(44)が高山市に新たな拠点を開いて3年余り。「当初2人だけだった飛騨の人脈はいま1000人を超える」という。

12月中旬、小雪舞う白川郷(白川村)で、高速通信規格「5G」の携帯端末による誘導型観光ガイドの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン