/

この記事は会員限定です

血管詰まりプラズマで改善 朝日インテック、新医療機器

[有料会員限定]

医療器具メーカーの朝日インテックは電気を帯びたガスであるプラズマを使う医療機器に参入する。主力のカテーテル(医療用細管)手術向けの製品で、2022年中に臨床試験(治験)を始め、25年6月期にも売り出したい考えだ。手術が簡単になり、医師や患者の負担を抑えることのできる次世代型の医療機器の開発を急ぐ。

心臓や脳のカテーテル手術でカテーテルが通るルートを確保するガイドワイヤが同社の主力製品だ。心臓に血...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン