/

この記事は会員限定です

高齢者ワクチン接種、愛知でも開始 西尾市は19日に延期

[有料会員限定]

名古屋市中区で14日、愛知県で初めて高齢者への優先接種が始まった。国から4月中に県に配分されるワクチンは3万7千人分の予定。新型コロナウイルスの感染収束が期待されるが、西尾市では当初の接種開始日の延期が発表された。国や県、市町村同士の連携や、接種する医師を確保してスムーズな接種体制が構築できるかがカギとなる。

14日は中区役所内で事前に予約した約200人が接種して終了した。中区は市内の他の区と比べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り534文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン