/

この記事は会員限定です

トヨタ、自動運転「レベル競争」と一線 安心感を前面に

[有料会員限定]

トヨタ自動車が自動運転市場に参入した。8日、自動運転で「レベル2」相当のシステムを搭載した高級ブランド「レクサス」などを発売すると発表した。運転者がシステムに任せられる機能を比べると、「レベル3」のホンダ「レジェンド」や米テスラの「オートパイロット」が先行する。だが、トヨタは完全自動運転を最終的な目標とするレベル競争とは一線を画し、利用者の安心感や乗り心地を優先する開発姿勢を鮮明にしている。

前田昌彦最高技術責任者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン