/

河村たかし氏が出馬表明、名古屋市長選挙

名古屋市の河村たかし市長(72)は19日、任期満了に伴う市長選(4月11日告示、25日投開票)に4期目を目指して立候補する意向を明らかにした。名古屋市内で記者団に、「名古屋の皆さんのために、もう一度奉公したい」と述べた。名古屋城の木造復元構想や新型コロナウイルス対策など、12年の河村市政が争点となる。

4期目を目指し名古屋市長選に立候補する意向を表明した河村たかし市長(19日、名古屋市)=共同

市長選には市議の横井利明氏(59)=自民党を離党=が出馬する予定。市議会で河村氏と対立する自民党、旧民主党系、公明党の各会派が横井氏を支援する方向だ。

河村氏は旧民主党衆院議員だった2009年、市民税減税を掲げ名古屋市長選に立候補し、初当選。議員報酬の削減や減税などを巡って市議会と対立し、10年に政治団体「減税日本」を設立。市議会解散の直接請求(リコール)運動を主導した。11年の出直し市長選を含め、連続4回当選した。

市民団体役員の尾形慶子氏(63)も立候補を表明している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン