/

この記事は会員限定です

高齢者施設で相次ぐクラスター 名古屋の現場、模索続く

[有料会員限定]

高齢者施設での新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生を防ごうと、現場の模索が続いている。病床が逼迫すれば感染した入所者が入院できず、施設内での療養を余儀なくされるケースもある。感染対策とケアの両立を目指す名古屋市内の施設を取材した。

「元気にしてたかい」。名古屋市の有料老人ホーム「グラード浄心」に入所する80代女性がモニター越しに、面会に訪れた家族に話しかけた。家族は「みんな元気だよ。最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン