/

トヨタの自動地図生成の基盤、いすゞ・日野も活用へ

トヨタ自動車グループのウーブン・アルファは8日、開発中の自動地図生成プラットフォーム(AMP)について、いすゞ自動車日野自動車が活用する検討を始めたと発表した。自動運転技術の開発に欠かせない高精度地図の作製には、道路上のデータが必要になる。すでに利用を決めているトヨタのほか、今回の2社も加わることで車両から得られるデータの更新頻度が増える。自動運転での安全な物流の実現につなげる。

AMPは車両が走行する際に得る道路データや衛星画像を元に、高精度地図を作製してクラウド上で提供するサービスだ。高精度地図は自動運転の質を左右する。3社はAMPを活用した地図生成や自動運転技術を、小型トラックを中心に適用する方針だ。トヨタといすゞ、日野の3社は3月に商用車のCASE(つながる車、自動運転、シェアカー、電動車)分野での提携を発表している。ウーブン・アルファはトヨタ傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスの子会社。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン