/

この記事は会員限定です

長渕さんの優しさ 大田嘉仁

[有料会員限定]

「長渕剛さんが稲盛和夫さんとお会いしたいそうです」。こんな依頼が私のもとにきたのは、京セラに勤めていた2003年のこと。桜島でライブをするので稲盛さんにその思いを伝えたいという。同じ鹿児島市出身。不思議と気が合い、私も同郷の縁で親しくなった。

稲盛さんとともに日本航空の再建に携わった際は「しんどいだろう」と、すし店でごちそうになった。長渕さんはお酒を飲まないが、私のために薩摩切子のボトルに入った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン