/

この記事は会員限定です

DMG森精機、工程8割デジタル化 仮想空間で部品試作

工作機械、中国勢に先手

[有料会員限定]

DMG森精機がデジタル技術やビッグデータを駆使し、半導体や自動車の製造に欠かせない工作機械のビジネスを変革する。3D(3次元)の仮想空間で部品を試作し、保守なども遠隔で管理し効率を高める。工作機械は中国勢が再び攻勢を強め、車分野では部品の点数が少ない電気自動車(EV)の台頭で需要が減るとの見方がある。森精機は業務工程の8割を「デジタル化」して業務のスピードを上げ、市場の変化に迅速に対応する。

部品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。 2020年からはDX銘柄の選定が始まり注目度も高まっています。様々な企業がDXを実践し失敗と成功を重ねてきました。 このコラムでは、いま注目すべき企業によるDXの推進事例をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン