/

この記事は会員限定です

水素燃料トラックでコンビニ配送 大手3社とトヨタ実験

[有料会員限定]

トヨタ自動車とコンビニエンスストア大手3社などは8日、2021年に燃料電池(FC)トラックを活用した配送の実証実験に取り組むと発表した。トラックはトヨタと日野自動車が共同開発する。店舗への弁当の配送に使うなどして利便性を検証し、22年をめどにFCトラックの本格導入を目指す。燃料となる水素の充塡インフラの整備など課題の洗い出しも進める。

今回の実験は、セブン―イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン、トヨタ、日野自の5社に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン