/

この記事は会員限定です

中部のベッドタウン、子育て支援アプリで「安心」競う

 データで読む地域再生 中部

[有料会員限定]

東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)の2013~17年の合計特殊出生率と、その10年前(03~07年)を比べた変動幅をみると愛知県が0.16ポイント増えた。全国平均の0.12ポイントを上回る。市町村別では上位に名古屋周辺のベッドタウンが並ぶ。最近ではスマートフォンアプリを駆使して子育て世代の取り込みを競い続けている。

データで読む地域再生

少子高齢化が進む中で子育て支援は、周りの自治体との競争だ。上昇幅3位の愛知県日進市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン