/

この記事は会員限定です

名古屋・伏見に24階建てビル、築87年の銀行支店生かす

[有料会員限定]

名古屋・伏見の歴史的建造物、三井住友銀行名古屋支店を含む一角が、24階建ての大型ビルなどに生まれ変わることが分かった。周囲のビルをまとめて再開発、1935年生まれの建物はイベントスペースとなり2028年度にも完成する見込み。伏見では18年に老舗劇場「御園座」が入る高層ビルなどが完成しており、栄や名古屋駅周辺とともに再開発が進む。

南北を錦通と広小路通に挟まれた複数のビルを、低層と高層の建物2つに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません