/

トヨタ、中型EVを欧州で発売 SUVを2021年に

トヨタ自動車は7日、多目的スポーツ車(SUV)の電気自動車(EV)を2021年に欧州で発売すると発表した。スバルと共同開発した車体を採用する。世界で最も厳しいとされる環境規制を持つ欧州にEVを投入して、規制値の達成につなげる。

トヨタ自動車とスバルが開発するEV車体のイメージ

欧州で発売するSUVのEVは、部品や設計を共通化することで開発効率を高める設計手法の「e-TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」で開発した。人気車種のSUV「RAV4」と同サイズの中型のEVになる。日本の工場で生産する。

トヨタは20年代前半に世界で10車種以上のEVを投入することを発表している。欧州でも9月に高級車レクサスのSUVのEV「UX300e」を発売している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン