/

日本ガイシ、石川工場に大型蓄電池と太陽光発電システム

日本ガイシは7日、排ガス浄化用セラミックスなどを手がける石川県能美市の生産拠点に、大型蓄電池と太陽光発電システムを導入すると発表した。蓄電池は自社製で災害時の非常用電源として活用する。太陽光発電設備の出力は計2600キロワットで、年間1340トンの二酸化炭素(CO2)を減らす効果が期待できるという。2024年1月の運転開始を予定している。

日本ガイシが開発した大型蓄電池「NAS電池」(容量1200キロワット時)を設置する。停電時には太陽光パネルと組み合わせることで、最大10時間にわたって工場に電力供給することができるという。NAS電池を使い、電力需給を一致させるための調整力を取引する「需給調整市場」にも参入する方針だ。

太陽光パネルは工場内の建屋の屋根に設置する。年間発電量は269万キロワット時の見込みで、全量を自家消費する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン