/

トヨタ、4~12月純利益6割増 通期生産計画6%引き下げ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

トヨタ自動車が9日発表した2021年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比58%増の2兆3162億円だった。同期間では17年の2兆131億円(当時は米国会計基準)を超え、4年ぶりに最高。為替の円安傾向や1台あたりの採算改善が後押しした。一方、足元の部品不足が響き、22年3月期通期のトヨタ・レクサスブランドの世界生産計画は、850万台と前回見通しから6%(50万台)引き下げた。

22年3月期通期の純利益予想は据え置き、売上高を前期比8%増の29兆5千億円と、従来予想より5千億円減額した。見直し後の通期のトヨタ・レクサスの世界生産計画は、コロナ禍前の19年3月期(893万台)から5%少ない。

4~12月期の売上高は前年同期比19%増の23兆2670億円だった。営業利益は68%増の2兆5318億円で、アナリスト予想の平均にあたるQUICKコンセンサス(2兆4855億円)を上回った。新型コロナウイルスの影響で車業界が部品不足にあえぐ中でも、他社に比べ減産を抑えた。トヨタの担当者は同期間の最高益について「長年良い車作りに取り組んできた成果が出ている」と話した。

ただ、10~12月期でみれば純利益は6%減の7917億円だった。コロナ禍当初の減産分を取り返すため、大幅増産をした前年同期に比べると、営業損益の段階から減益となった。

4~12月期の営業利益を前年同期と比べると1兆239億円増えた。販売台数を積み上げ車種構成で好採算の多目的スポーツ車(SUV)の比率が高まり、8750億円押し上げた。期中平均の為替レートが1ドル=111円と、5円ほど円安・ドル高に進み、その他の通貨を含めた為替要因で4450億円の増益となった。結果、原材料費の増加によるマイナス分(3650億円)を吸収した。

世界販売台数(日野自動車、ダイハツ工業を含む)は8%増の778万台。北米や中国で「RAV4」といったSUVの販売が好調だった。国内でもSUVのほか、小型車「ヤリス」、ミニバン「アルファード」の売れ行きが良かった。

自動車業界では半導体不足による減産が続く一方、トヨタは系列サプライヤーを含めた幅広い供給網を駆使して、競合に比べて影響を抑えた。トヨタの10~12月の販売台数は11%減の252万台だった。ただし同期間の独フォルクスワーゲン(VW)は193万台、米ゼネラル・モーターズ(GM)は147万台と、ともに3割減っていた。

21年の暦年でみると、トヨタは世界各地のシェアも高めた。米国では販売台数がGMを抜き初の首位となり、シェアは15.5%と20年から1ポイント上昇した。国内や欧州、中国でもそれぞれ0.3~0.7ポイント上がった。各社の生産が落ち込む中で、トヨタ車の性能に対する評価や、他社製より中古車の下取り価格が高い点が追い風となっている。

22年3月期通期は営業利益も据え置いた。営業利益は27%増の2兆8千億円、純利益は11%増の2兆4900億円を見込む。

純利益は4~12月期を終えた時点で、通期予想の9割に達している。ただしトヨタの担当者は「1~3月期は資材価格の上昇がさらに負担となり、デジタルトランスフォーメーション(DX)や(実験都市の)ウーブン・シティといった新規事業への投資が膨らむ」と説明した。原材料高も年間で利益を6300億円押し下げるとも明かした。

原材料高の内訳では、鉄が最も大きく、アルミをはじめとした非鉄金属や樹脂も一定の影響を与える。コンテナ船の運賃上昇で原材料を輸入したり、自動車を輸出したりする際の輸送費もかさむ。トヨタの担当者は「これまでは年2千億円程度の費用増が最高水準で、6千億円以上は過去にないレベルだ」と嘆く。

好調な決算を受け、株価は発表直後に一時前日比3%高となった。トヨタの純利益は21年3月期に上場する製造業の合計額の1割以上を占めた。業績の動向が日本経済に与える影響は大きい。

半導体や他の部品の不足で、1月以降は国内工場の一部が稼働停止を迫られた。業績は好調なものの、新型コロナの影響で1~3月の生産は不安定さを増している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン