/

この記事は会員限定です

猶予なき日本車メーカー EV転換、産業創出の好機

EV大競争 SONY CARの衝撃㊦

[有料会員限定]

2025年までに軽の電気自動車(EV)発売を計画するスズキ。「(低価格な)ゲタ代わりに使える軽を極める」(鈴木俊宏社長)ことでガソリン車の地位を確立したが、軽EVでは日産自動車三菱自動車が22年春にも発売を予定するなどライバルに後れを取る。

「補助金込みで200万円を切らないと売れない」(スズキ幹部)との目標を掲げるが、EV電池やモーターを積めばどうしても価格は跳ね上がる。「自分たちだけでは限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン