/

この記事は会員限定です

中部電力の林欣吾社長「脱炭素、原発は有効手段」

2022年の進路 中部企業トップに聞く③エネルギー戦略

[有料会員限定]

――2021年は脱炭素に向けた動きが活発でした。

「脱炭素は進むか進まないかではなく、進めなければいけない課題だ。将来のあるべき姿と、今の見通しを組み合わせた道筋を描いて実現することが必要になる。例えば50年には二酸化炭素(CO2)を排出する火力発電所はなくなっているべきだが、明日なくすとなれば(電力不足など)別の問題が起きる」

――脱炭素社会では原子力発電所をどう位置づけますか。

「脱炭素はあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン