/

この記事は会員限定です

トヨタ販社に車検集中、不正行為招く 制度改革が急務

トヨタ販売最前線 車検不正の教訓㊦

[有料会員限定]

「車体番号を確認」「はい」

2021年11月末の平日、西日本にあるトヨタの販売店。ガラス張りの入り口を通り過ぎ、裏手にある整備工場に1台の「プリウス」が滑り込んできた。入庫するやいなや、この店の検査員1人と整備士2人の3人1組での車検作業が始まった。

トヨタ生産方式(TPS)に基づく無駄のない動きで整備士がタイヤやブレーキ、エンジンの点検や交換を進め、検査員が同時並行でチェックする。足回りを検査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン