/

この記事は会員限定です

愛知製鋼、米国で鍛造部品の新ライン 約23億円投資

[有料会員限定]

トヨタ自動車系で特殊鋼を手掛ける愛知製鋼は6日、米子会社の工場で鍛造部品の新たなラインを稼働させたと発表した。投資額は約23億円。トヨタの米工場向けに出荷し、トヨタが進める部品の現地調達に対応する。

新ラインを稼働したのは「コネクティングロッド(コンロッド)」と呼ぶ、エンジンのピストンとシャフトをつなぐ部品。エンジンの上下運動をシャフトの回転運動に変える役割を果たす。車の安全性を確保するために重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン