/

この記事は会員限定です

CO2は1トン1万円 社内炭素価格、日本特殊陶業など導入

[有料会員限定]

二酸化炭素(CO2)排出量を独自に費用として換算する「社内炭素価格(インターナルカーボンプライシング、ICP)」を導入する動きが広がっている。日本特殊陶業はICPに基づいた「社内炭素税」を導入し、アイカ工業日本ガイシは投資判断に活用し始めた。排出するCO2をコストと位置付け、省エネ設備購入の動機づけとしたい考えだ。

ICPでは気候変動リスクを定量的に把握するため、CO2排出量1トン当たりに対し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1251文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン