/

この記事は会員限定です

商業建設が蒸発 受注競争激しく、基礎工事単価1割下げ

中部とコロナ・2年目の試練 激変のひずみ㊤

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下の経済活動が2年目に入り、価格や消費動向が大きく変わる例が目立ち始めている。建設業では高い水準で推移していた施工単価が下落し、建設関連企業の収益を圧迫する。コロナ禍前に人手不足が課題だった運輸業には他業種から求職が舞い込む。在宅時間が延びたせいか、耐久消費財の売れ行きが突然上向いている。ここにきて豹変(ひょうへん)する中部経済の実態を追った。

「取引先から5~10%の値下げを求...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン