/

トヨタ、23年11月にブラジルの部品工場閉鎖 拠点を集約

トヨタ自動車のブラジル現地法人は5日(現地時間)、ブラジルで車部品をつくるサンベルナルド工場(サンパウロ州)を閉鎖すると発表した。生産を集約するのが目的で、従業員などを12月から段階的に他の工場に移し、2023年11月に完了する。「ブラジルでの競争力を引き上げ、事業を続けるため」としている。

約550人の従業員については、近郊にある別の工場に移るよう促す。サンベルナルド工場は1962年に完成し、セダン「カローラ」向けの部品などを生産する。ブラジルではサンパウロ州のインダイアトゥバなどにも生産拠点を持っている。

トヨタは3月末、インダイアトゥバの生産拠点に5000万レアル(約13億円)を投資する計画を公表している。「カローラ」の生産設備を刷新する予定だ。ブラジルでの2021年の生産台数は前年比48%増の約17万台だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン