/

「ウーブン・シティ、24年以降開業」 トヨタ幹部が言及

トヨタ自動車のジェームス・カフナー取締役は5日、静岡県裾野市で建設中のスマートシティー「ウーブン・シティ」に関し「2024年か25年まで工事を続け、その後開業する」と語った。裾野市主催のまちづくりについての説明会で明らかにした。エネルギーの脱炭素化へ水素を活用することや、最寄り駅周辺で自動運転車や次世代の1人乗り自動車を導入する構想も明らかにした。

ウーブン・シティは自動運転などの先進技術やサービスを実証する都市として2月に着工した。現在は基礎工事を中心に進めており、カフナー氏は「22年からは建屋の建設に入る」と語った。開業後の拡張も検討するとしている。カフナー氏はトヨタ傘下でウーブン・シティ建設を進めるウーブン・プラネット・ホールディングスの最高経営責任者(CEO)を務める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン