/

この記事は会員限定です

林欣吾中部電社長「カーボンゼロ、原発有効活用を」

2021年 コロナ下の舵取り 中部企業トップに聞く⑤エネルギー

[有料会員限定]

「政府は2050年に温暖化ガスの排出を実質ゼロにすると表明した。非常にチャレンジングな目標だが、カーボンゼロは世界的な潮流であり遅れるわけにはいかない。再生可能エネルギーはもちろんのこと、電気を届ける際に失われる送配電ロスを抑えたり、発電所で発生する二酸化炭素(CO2)を地中にとじ込めたりする技術開発を進め、ゴールを目指す」

「再エネは事業参入の容易な太陽光がまず普及した。大規模発電に適した用地は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン