/

この記事は会員限定です

中部8信金が最終増益、前期 先行き警戒で与信費用増加も

[有料会員限定]

愛知、岐阜、三重県に本店を置く主要10信用金庫の2021年3月期決算が出そろった。最終的なもうけを示す税引き利益は8信金で前の期を上回った。新型コロナウイルス禍で企業の資金繰り対策として貸出金を大幅に伸ばし、利息収入が増えた。貸出先の経営悪化に備える引当金など与信関係費用は6信金で増えており、警戒も広まっている。

愛知県の信金で貸出金が最大の岡崎信用金庫の税引き利益は17%増の38億円、岐阜県でト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン