/

東海道・山陽新幹線 指定席回数券を廃止

JR東海とJR西日本は5日、東海道・山陽新幹線の指定席回数券の販売を2022年3月末ですべて終了すると発表した。東海道新幹線では一部自由席の回数券は残るが、山陽新幹線では、在来線の定期券と組み合わせて使える新幹線の自由席回数券をのぞいてすべて廃止する。インターネットで座席予約できるサービスの普及が進んだとみている。

JR東海はすでに東京―名古屋・新大阪といった主要区間の指定席回数券の販売を22年3月末に終了すると発表しており、今回新たに東京―博多など19区間の指定席・自由席の販売を終えるとした。JR西はこれに先行して21年10月末で新大阪―博多など山陽新幹線の全32区間で指定席・自由席の販売を終了する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン