/

この記事は会員限定です

名古屋市陸上競技場の建て替え、竹中工務店らが落札

[有料会員限定]

名古屋市は5日、2026年夏季アジア競技大会の会場となる名古屋市瑞穂公園陸上競技場の建て替え計画で、建設工事・維持管理事業者に竹中工務店とミズノなどの企業グループを選んだと発表した。総事業費は496億円で、新陸上競技場の25年度の完成を目指す。

竹中工務店を中心に新陸上競技場の設計・建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り139文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン