/

この記事は会員限定です

中部でもデータサイエンス教育、卒業生の就職先が課題

[有料会員限定]

データや統計を分析して新たな価値を生み出しビジネスに活用する「データサイエンス」分野の学部や教育プログラムが中部の大学で広がり始めた。ビジネスの現場で使われているデータを使うことで実践力を鍛え、海外に比べて出遅れているIT(情報技術)人材の育成につなげる。

「地元の金融機関やスタートアップからデータの提供を受け、それを分析することでビジネスの課題を解決する授業を提供したい」

2023年4月に新しく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン