/

ノリタケは会食OK、ワシントンHは再開 宣言解除1週間

政府が新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を愛知と岐阜を含む6府県で解除してから5日で約1週間が経過した。中部では企業が出張や会食の制限を緩和し、ホテルは休業していた施設を再開した。飲食店の客足も戻りつつある。一方、政府は東京など1都3県で宣言を延長する方針を決めた。コロナ感染者の増加は止まらず、引き続き在宅勤務を推奨するなど警戒感は強い。

ノリタケカンパニーリミテドや日本ガイシは宣言が解除された愛知や岐阜を発着する出張について原則禁止をとりやめ、必要に応じて判断する形に切り替えた。ノリタケは原則禁止としていた業務上の会食についても、4人程度であれば上司の許可を条件に感染対策を徹底する店に限り認めた。

マスク姿で名古屋駅を歩く人たち(5日、名古屋市中村区)

宣言中に休業していたホテルは相次ぎ営業を再開した。ワシントンホテルは岐阜県高山市にあるホテルを1日から再開。名古屋駅前にある名鉄ニューグランドホテルも1日から営業を始めた。名古屋市内のビジネスホテルで組織する名古屋ホテルズ会の船橋誠会長は「客室料金が値下げ前に戻るなど需要は少しずつ回復している」と話す。

レジャー施設では、愛知県蒲郡市のラグーナテンボスが宣言中に午後8時までだったテーマパークの営業時間を延ばし、3月の土曜日は午後9時までにした。延期になっていた学校遠足などの団体客が戻ったという。

愛知、岐阜県は1日から飲食店の時短要請を午後9時に1時間繰り下げた。からあげ居酒屋「がブリチキン。」を展開するブルームダイニングサービスは愛知県内の店舗の売り上げが解除前と比べて1割ほど増えた。

手羽先居酒屋の「風来坊」は愛知などで休業していた店舗を再開したが「客の入りはまだ鈍い」という。7日に岐阜県が時短要請を終えるなど緩和の動きが広がる中、「時短要請が午後10時までになれば人の流れが変わる」とみる。

交通機関は宣言前の運行体制に戻ってきた。名古屋圏のタクシー最大手、つばめ自動車は稼働台数を宣言期間中は日中7~8割、夜間5~6割に削減していた。1日から原則として通常の台数に戻した。天野清美社長は「足元の利用は夜間が戻らずコロナ禍前の3割減だが、今後は週単位で回復していくだろう」と話す。

名鉄バスは路線バスで午後9時半以降の始発便を原則として運休にしていたが、1日から宣言前のダイヤに戻した。ジェイアール東海バスは1日6往復に減便している名古屋―岐阜・高山便を10日から順次復便し、19日には通常の9往復に戻す。

一方、1都3県の宣言延長などを受けて警戒態勢を緩めない企業もある。日本特殊陶業は国内出張の原則禁止や在宅勤務の強い推奨を3月末まで継続する。DMG森精機は遠方の顧客とのやり取りは訪問でなく、引き続きオンライン会議の利用を進めている。

人事異動にも影響はくすぶる。東京商工リサーチが愛知、岐阜、三重、静岡、長野県の大企業を対象に調査したところ、21年春の転勤を「減らす」と回答した企業が14%にのぼった。長距離移動に伴う従業員や家族の感染リスクに配慮したり、異動時期をずらしたりする例が相次いでいる。

岐阜県、7日に時短要請終了へ


岐阜県の古田肇知事は5日、週明けから約1カ月間の新型コロナウイルス対策を発表した。飲食店などへの営業時間短縮要請は予定通り7日までで終える。人の流れが増える4月上旬までをめどに大人数での会食や感染拡大地域への移動を自粛するよう呼び掛けた。
古田氏は「少しでも緩めば同じことを繰り返すことになる」とした。首都圏で延長となる緊急事態宣言の期限に合わせ、2週間後をめどに県の状況を中間評価する。ワクチンの優先接種について、6日から医療従事者向けに、4月12日から高齢者向けに始めることも決めた。
三重県も5日の対策本部員会議で、県独自の緊急警戒宣言を7日に解除することを正式決定した。県内4病院で始まったワクチンの先行接種は1回目が6日に終了する見込みで8日から他の病院の医療従事者らへの接種が順次始まる。鈴木英敬知事は記者会見で「宣言解除後も感染防止対策の徹底をお願いしたい」と県民に呼びかけた。
愛知県の大村秀章知事は5日、4日時点の県内の入院患者数が293人となり、106日ぶりに300人を下回ったと発表した。5日の新規感染者数は50人だった。大村氏は県内の全飲食店に出している営業時間短縮要請について「来週半ばまでにどう取り扱うか判断したい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン