/

この記事は会員限定です

コロナで再燃、ごみ収集も「緊急事態」 繁華街で散乱も

NAGOYA街づくり考 第2部 住めば都を極める㊤

[有料会員限定]

三大都市圏の1つ、ものづくりの中心地、支店経済の要衝――。中部圏の枕ことばには政治・経済や産業を連想させる言葉が多く、仕事をする場所とのイメージが強い。では、住む街としてはどうか。都市部のごみ問題、人口減を跳ね返そうとする県庁所在地、通勤や交通の事情から、住む街としての魅力を高めようとする動きを追った。

新型コロナウイルスの感染拡大で、名古屋市のごみ問題が住み心地を左右する要素に再浮上している。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2106文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン