/

カインズや伊藤忠商事、桑名市と協定 物流施設建設

三重県桑名市は4日、ホームセンタ―大手のカインズや伊藤忠商事、伊藤忠都市開発と立地協定を結んだと発表した。市内の多度町で4月、伊藤忠グループが大型物流施設を着工し、4階建て(敷地面積約6万8000平方メートル、延べ床面積約9万3000平方メートル)の物流倉庫を建設する。事業費は非公表。

23年7月までに完成し、24年2月からカインズの物流拠点「カインズ桑名センター」として操業する。伊藤忠商事は新名神高速道路や、整備中の東海環状自動車道のアクセスに注目して建設を決めた。カインズの物流拠点としては最大規模といい、西日本に向けた商品の供給拠点とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン